【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた 第3話 行き遅れ女上司はレ○プ同然にハメても大丈夫

すぺしゃるじー・チンジャオ娘が描く「【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた 第3話 行き遅れ女上司はレ○プ同然にハメても大丈夫」のあらすじネタバレです。

昨日のことは忘れましょう。

酔っ払った勢いで、女上司・沢村秋子の処女を奪い中出ししてしまった田中。

あの日から約1週間。

まるで何事もなかったのように上司と部下として過ごしていたように見えたが、一度切りの肉体関係で田中の事を意識している行き遅れBBA。

いつもより優しいし、ヤケにボディータッチが多くなったような…

その時、彼女から電話が!?

やっとのことで彼女とのデートの約束をした田中。

買い物を終え、予約したレストランで食事を楽しんだ後はラブホにチェックイン。

抱き心地抜群な半熟スケベボディの女上司と比べてしまったが故に、彼女とのセックスでイクことはできない。

すると調子に乗った田中が、今日は生でヤらせてよと発言すると、彼女から平手打ちをされてしまい、あっけなくフラれてしまう。

呆然と成りながらも、その足取りで向かった場所は女上司の自宅。

インターホンを鳴らす田中。

誰かしら

こんな夜中に…

え…!?

田中君!?

お風呂上がりなのか、乳首スケスケなパジャマ姿で登場した沢村秋子。

お待たせ

さ 中に入って

一体何があったの?

女のフェロモンが出まくりな行き遅れBBAを押し倒し、田中はズボンから逸物を取り出す。

や…やめて!

この前のことは

忘れてって…

バックの体位でそのまま生で挿入開始。

このように、行き遅れ女上司はレ○プ同然にハメても大丈夫だよな。

というお話です。

タイトルとURLをコピーしました